カラオケの上達方法

カラオケで100点を取りたい

カラオケでハイスコアを取得したい場合は、次の点に注意してください。

  • ハイスコアを狙う曲を選ぶ
  • キーを設定する
  • 得点を理解する
  • 手を加えすぎない

最も重要なのは曲の選択です。

ハイスコアを取るのが簡単な曲と、難しい曲があります。

キーを自分に一致させることも、高得点を得るための秘訣です。

無理をして歌っても点数が下がるだけです。

キーを調整すると、歌いやすくなります。

得点の仕組みを理解することも重要です。

ピッチ、リズム、音量、イントネーション、シャックル、ビブラートなどはスコアリングに関連しているので、これを念頭に置いて歌ってください。

上手にアレンジして歌う人もいますが、ハイスコアを取得するのは難しいです。

あまり手を加えるとスコアが下がりますので注意が必要です。

カラオケの上達には何度も聴くこと

カラオケのスキルを向上させたい場合は、同じ曲を何度も聴く必要があります。

同じ曲を何度も聴くことで、ピッチとリズムを正確に把握できます。

このような場合は、自然に歌うことができるので、時間があるときに歌いたい歌を聞いてください。

また、何度も繰り返し聴くことで、歌詞を見る必要がなくなります。

曲を知らない、または知らない場合は、歌詞を確認する必要があるため、他の部分に集中することはできません。

このため、うまく歌えない場合がありますので、歌詞を覚えるのは大きなメリットだと言えます。

また、「ここは大丈夫」や「これは難しい」など、自分の良いところと弱いところを見るのも素晴らしいことです。

自分の得意でないことがわかっている場合は、個別に練習できるため、スキルを効率的に向上させることができます。

この練習方法は、難しい曲や弱い曲を改善できますが、必ずお気に入りの曲を選択してください。

気に入らない曲を選択すると、モチベーションが低下してしまうので、練習のための曲は好きな曲が良いです。

自分のカラオケを録音して聞いてみよう

自分が歌ったカラオケを録音して聴き直すと改善するポイントがわかります。

逆に言えば、録音せずに改善を理解することは難しいと思います。

自分では歌っている間は集中しているので、歌いながら改善点を見つけることは非常に困難です。

そして、歌うときの聞こえ方は、録音するものとは異なります。

録音された自分の音声を聞くと、まったく違っていて驚きます。

客観的に自分の声を聞くことで改善点が見えてきます。

わざわざ、レコーダーを購入する必要はありません。スマートフォンに付属の録音機能で事足ります。

改善点を記録して見つけることも良いことですが、他の人に聞いてもらうことも良い考えです。

気づいていないことを指摘できるので、お互いの曲を聴くこともお勧めします。

リズム感はかなり大事です

カラオケの上達にリズム感はとても重要です。

音痴の人はリズム感がない人が多く、リズム感がないと歌が下手に感じます。

リズム感のトレーニングには以下のような方法があります。

最も重要な方法は、メトロノームを使用したトレーニングです。

メトロノームがない場合はメトロノームを購入できますが、メトロノーム機能を備えたスマートフォンアプリを使用できます。

このメトロノームを使った練習方法が最も効果的だと思うので、試してみてください。

縄跳びは、リズム感の発達にも効果的です。

両足でのジャンプから始めて、片足ずつなどのジャンプ方法を工夫することで、リズムを鍛えることができます。

全身を使ってリズム感がしみ込むので、リズム感を身につけやすく、呼吸も鍛えることができる運動にもなります。

スマートフォンアプリ用の音楽ゲームでリズムを訓練することをお勧めします。

このゲームでは、楽しみながらリズム感覚を身につけることができるため、ちょっとした空き時間に練習することができます。

声量を鍛えるとパワーが変わってくる

声量を上げたい場合は、次の手順で練習をしていきます

  • 腹式呼吸
  • 肺活量
  • 力をかけすぎない

声の音量を上げたい場合、腹式呼吸が不可欠です。

腹部呼吸は声の音量を上げるために不可欠なので、必ず練習します。

まず、背中を伸ばして鼻から吸い込みます。
その後、口からゆっくりと息を吐きます。

吐くときは、吸うときの約2倍の時間がかかるように意識して吐き出してみましょう。

これを1日に30回行うと、腹式呼吸をマスターできます。

あなたの肺活量を訓練することも重要です。

あなたの肺活量が弱い場合、大声で話すことができません。

そこで、ゴム風船を使って肺活量を強化する方法を紹介します。

大きいサイズのゴム風船は肺活量を鍛えるの便利です。

このトレーニングを何回も続けると、あなたの肺活量が向上します。

苦しい場合はゆっくりと時間をかけても大丈夫です。

大きな声を出すとき、一生懸命力を込めたいと思いますが、これはやってはいけないことです

力を込めすぎてしまっても、音声の音量が下がります。

カラオケの低音を極める

低音の悩みは特に女性のカラオケに多い問題です。

女性はもともと声が高いので、男性よりも低い音を出すのに苦労しています。

それでは、どのようにして低音を作り出せるのでしょうか。

まず、顎を引っ張りすぎないように注意してください。

低音を作るときに顎を引っ張りすぎる人がいますが、それはうまくいきません。

顎を引っ張りすぎると、喉が閉じて低音を出すのが難しくなります。

また、「息を長くする」というイメージは、鳴り響くような低音を出すポイントです。

下手な人は低音を出すときに喉に力が入ることがよくありますが、うまく出ません。

長く狭い呼吸をすることを意識している場合は、低音を出すのが簡単になります。

そして、突然低音を作りたいとしても、それを簡単に行うことはできません。

高音から始めて、徐々に下げてみましょう。

段階的に行う方が簡単だと思います。

また、いつも友達と話しているときの声ではなく、深刻な状況で落ち着いて話しているときの声に注意することも効果的です。

カラオケの高音を極める

カラオケで高音の出し方に問題を抱えている人は多くいます。

そのような人々は次のことを理解する必要があるでしょう。

  • 普段の声も高く意識する
  • 高音を出せるようにする
  • のどを開くことを気にする

高いキレイなトーンが出るようになるにはかなりの時間がかかります。

まず第一に、普通に会話の声を高く意識します。
時間がかかりますが、効果的な方法なのでおすすめの方法です。

あなたが歌うことができる最高に高い音程の曲を選んで、高音に慣れてください。

低すぎたり高すぎたりしないでください。

「これが私の限界です!」のレベルを探して歌を歌います。

喉が開いていない場合、高い音を出すことができません。

歌を歌うと、のどがどんどん閉じて、高音を出すのが難しくなります。

のどが開いていることに注意してください。

のどがうまく開かない場合は、深呼吸のトレーニングを使用してください。

深呼吸は、喉を開くための効果的なトレーニングです。

これらのことを意識しているなら、カラオケで高音を出すことができます。