高収入の職業を探してみる

一級建築士ってどう

一級建築士の平均年収を調べてみました。

年間収入は、だいたい500~600万円くらいだと言われています。

しかし、所属している会社によって金額はかなり上下します。

小さな会社だと年収400万円くらいで、一般的な会社員くらいになります。

年収800万円くらいだと、大きな会社であればもらえることもあります。

独立開業すれば1000万円を目指せる状態になります。

数千万円の収入がある一級建築士も大勢居ますので独立は収入を大きく増やすチャンスを秘めています。

独立する場合、大きなリスクがあります。失敗する可能性がありますからです。

ある程度の経験や人脈があれば、独立開業で大きく羽ばたく可能性があります。

不動産鑑定士ってどう

不動産の鑑定評価をする不動産鑑定士。
年収の平均は700万円ほどです。
上場企業の会社員と同等の給料になります。

外資系の会社であれば収入は跳ね上がり、1000万円も夢ではありません。

会社で経験を積んで独立すると数千万円の収入も見えてきます。
開業資金もあまりかからず、現場へ行くことが多いので、自宅の一室で仕事をすることができます。
独立へのハードルは低めです。

高収入が見込める仕事ですが、資格取得は難しく、合格するには宅地建物取引主任者よりも難しいとされています。

公認会計士ってどう

公認会計士といえば、高収入のイメージですが、本当かどうか調べてみました。

資格を得るのがとても難しく、専門性の高い稀少価値のある資格です。
一日中数字を見ると頭が痛くなるような数字が弱い人には向かない仕事です。
軽いミスですらは見落とすことはできませんので、細やかな神経の持ち主に向いた仕事です。

大手の監査法人に入れば、初年度の年収が500万円くらいになります。
平均の年収800万円くらいだと言われているので、上場企業の平均よりも高くなります。

もっと収入を増やしたい場合は、独立する方法もあります。
独立して会計事務所を開いた場合は、年収2000万円に届く人も大勢います。

プログラマーってどう

プログラマの平均年間所得がどれくらいか調べてみました。

300~500万円なので、一般的な会社の従業員の給与と同じくらいでしょうか。
しかし、メジャーな会社で仕事を入手することができている場合、700万円の年収もあり得ます。

プログラマに適切な人は、同じ作業を繰り返していないタイプです。
毎日同じことを続ける必要があるので退屈したり、集中力がないと長い間続けることができません。
予想以上にこの職業は、体力が必要です。

自分の能力に自信があれば、フリーランスとして働いて多くのお金を稼ぐことができます。
フリーランスの場合、年間千万円以上を稼ぐことができます。
自分で仕事を見つけるのが大変ですが。

プログラマーとしての能力以外のコミュニケーションも必要となるため、高い能力だけで成功することが難しくなってしまいます。
高所得を目指すのは難しいことですが、需要のあるような多くの要求があるので仕事を探したりすれば、仕事がなくなるようなことはありません。

診療放射線技師ってどう

レントゲンやCT、MRI、マンモグラフィーなどの行っているのが診療放射線技師。
放射線の知識や被曝管理、最新機器も多いのでそれらのために日々勉強を重ね続ける人も多い職種です。

年収は500万円が目安になります。

小さな医院の技師であれば350万円くらいが平均になりますが、新しい機器が入る可能性は低く、同じ機器を使って同じような検査を繰り返す毎日になりがちです。

公立の医療機関であれば技術職としての公務員に準じます。

初任給は20万円くらいなので、一般的な大卒とあまり変わりません。

資格を得るために診療放射線科がある大学や養成校でたくさん勉強し、合格しなくてはならない仕事です。

機械に強い人、患者さんと接することが多いので、高いコミュニケーション能力も必要になります。

歯科技工士ってどう

入れ歯や被せ物、詰め物などを作る歯科技工士。
歯科の技術を支える繊細な仕事です。

歯科技工士の給料は医療の専門職でありながら、平均400万円ほどと言われています。
経験を積んでいくと、高い人で700万年くらいになりますが、医療界では低い方になっています。

歯科技工士で高い収入を得るためには、独立開業をしていくのが良いです。
しかし、独立には開業資金という大きな問題があります。

設備を装備するために多くの高額な機器が必要で、1000万円以上が必要だと言われています。
お得意様の歯科医院を探す営業も必要になってきます。

社会保険労務士ってどう

企業の社会保険に関する業務を担う国家資格、社会保険労務士。
高収入のイメージがありますが、独立してもうまく仕事が回ってこないと年収200万円程度にしかならない人もいます。

平均年収は600万円ほどで、独立している人で1000万円以上を稼いでいる人も大勢います。

まずは事務所で働き、経験を積んでいきます。
独立しても、多くの同業者に埋もれてしまっては、仕事を増やすことができません。
特に、経験が豊富な社会保険労務士に依頼する傾向があるので、経験が浅いあいだに独立すると多くの仕事を得るのは難しくなってしまいます。

会社に勤めて、資格手当をもらった方が良い給料になる可能性もあります。

配管技能士ってどう

水道やガスなどの配管工事に必要な技術を持っている証となる国家資格、配管技能士。
ガス溶接作業主任試験の受験資格を得ることができたり、液化石油ガス設備士講習の一部科目免除があったりと先にもつながっていく資格です。

配管技能士の魅力は受験資格が3級であれば不問、1級でも実務経験があれば受験できるので、学歴が必要ないことです。

年収は400万円ほどで一般的な収入と大差はありません。
独立すると一気に収入が上がる可能性があります。
独立して大きな収入を得ている人は、人付き合いが上手であれば仕事が舞い込みやすくなります。

仕事は景気に左右されることもありますが、なくなることはなく、時間が読みやすいのでプライベートも安心です。