40代の女性が結婚できるのか?

結婚相談所は信用できる?

結婚したい時に、結婚相談所を通す場合、実際には本当に紹介してもらえるのか心配だと思う人も多いでしょう。

結婚相相談所によって異なるというのが正直なところです。

しっかりした結婚相談所であればきちんと紹介してもらえます。
相手の職業や給料、住んでいる地域、趣味や特技などを指定することもできるので、自分の条件に合った相手を探すことができます

登録するときは、怖がることなく自分の希望を伝えます。
しかし、あまりに理想の高い条件で登録すると、相手が見つからないことになりますので注意が必要です。

一方、利益を最重要視するような結婚相談所を利用してしまった場合は、あまり紹介されないという可能性もあります。
せっかく登録してもそのまま紹介もされずに放置されてしまったり、最初に紹介してもらったあとは音沙汰なし、などという結婚相談所もありますので、選ぶ際は慎重にしていきます。

恋愛結婚とは無理?

40代で恋愛結婚は無理でしょか?

これは、40代の女性に出会いそのものが減ってしまうから言われていることです。
30代以降はお見合い結婚の割合が増えてきます。

しかし、お見合いも長所がたくさんあります。

まず、結婚を前提としているので、ダラダラとお付き合いが長引くこともなく結婚までがはやく決まります。
相手も結婚したいと思っているので、付き合って楽しいか、ではなく結婚しても大丈夫かという目でお互いを見ることになります。
また、身元がきちんと分かっているのも安心です。

40代で新たな出会いから恋愛結婚というのは、かなりハードルが高いですが、可能性はゼロではありません。

40代の結婚に妥協は必要か

結婚相手がなかなか見つからないときは、やはり妥協は必要になってきます。

理想は高ければ高いほど、相手は見つかりにくくなり、結婚は遠のいていきます。

ほんの少し条件を下げるだけで、結婚できる可能性はグンと広がります。

40代で結婚相手を探すのですから、ある程度の妥協は必要になってしまいます。

若い女性であれば、少々高めの条件でも結婚相手は見つかりますが、40代で結婚してくれる男性はそもそも少ないからです。
希望年収を少し下げる、希望の年齢を少し広げる、これだけでもお相手はかなり増えます。

ただ、闇雲に条件を下げて結婚しても幸せにはつながりません。
「どうしても譲れない!」という条件があればとことんこだわってもいいのではないでしょうか。

初婚の男性は見つからない?

四十代になったら自分が初婚でも、初婚の男性を探すのは難しいのでしょうか?
幅広く探したいのなら、初婚にこだわることなく探すのが一番多く見つけることができますし、どうしても初婚にこだわりたいのなら、数は少なくなりますが、初婚の男性も最近は増加傾向にあります。

ただし、20代や30代の初婚の男性で40代の女性を結婚対象としている人はとても少ないのが現状です。
お金目当てでつきまとわれることもあるかもしれません。

初婚の男性は慎重に相手を選ぶ傾向がありますので、おつきあいしても結婚までつながることは難しくなります。
結婚を意識し始めても、相手の親に反対されることもあります。

初婚にこだわらなければ、探せる男性はかなり増えます。
再婚の男性は、次こそはうまくいきたいと願っている人もおおく、長続きさせようと努力してくれることも多いものです。

子どもは諦めるべき?

40代でも妊娠出産は可能になってきました。
しかし、実際はかなり難しく、妊娠する可能性は数%、妊娠しても残念ながら流産する可能性が約半数と言われています。

そのため、子どもを望んでいる男性と結婚するのはとても困難になります。

子どもを諦めると、子どもはいらないと思っている男性が結婚対象になってくるので、幅が広がってきます。
結婚しやすさで考えれば、子どもを望んでいない男性を探す方が見つかりやすくなります。

けれども、四十代で妊娠は難しくても、相手の男性の協力を得て妊娠する可能性はゼロではありませんので、そのような話し合いのもと、結婚相手を探すのも悪くないのではないでしょうか。

年下男性と結婚する女性の特徴とは

よく言われている「年下男性と結婚する女性」の特徴

  • 包容力がある
  • 尊敬できる
  • 頼りがいがある
  • かわいらしい
  • 無理な若作りをしていない
  • 料理が上手
  • 甘え上手
  • フットワークが軽い

年下の男性は、包容力のある女性に憧れます。女性に対して癒しを求めているからです。
聞き上手に徹したり、愚痴を聞いてあげたり、ときにや優しく抱きしめたり。

かわいらしい甘え上手な一面も年下男性には好かれます。
尊敬できる女性なのに、ふとしたかわいい一面に心を惹かれるのです。

下手な若作りよりも、若々しいフットワークの軽さの方が好かれます。

「結婚したいなら胃袋をつかめ」というのは、年下男性にも使えます。
やはり、料理上手な女性に弱い男性は多いものです。

晩婚で専業主婦になりたい!とかワガママですか?

専業主婦を願っている40代は単なるワガママなのでしょうか?
これは、40代であることは関係なく、相手の男性によるのではないでしょうか。

実際に相手の男性の収入が少なければ、仕事に出る必要がありますが、ゆとりのある収入があれば専業主婦でも生活できます。
家にいて家事をしてほしいと願う男性もいるでしょう。

結婚したいのなら、専業主婦・共働きにこだわらずに相手を探す方が良いのではないでしょうか。
結婚のために仕事を辞めてしまったら、40代で再就職はとても難しいからです。
仕事を見つけやすい資格があっても、結婚してから生活パターンが変化するのは男性にも負担をかけてしまいます。

まずは仕事を続けるつもりで男性を探し、男性が専業主婦で居てほしいと願ってる場合は、専業主婦になればよいのでは。

四十代の婚活

四十代の女性が結婚したいときには、婚活しなければ結婚できないのでしょうか。

一生懸命婚活していなくても、出会いがあれば結婚できることもありますが、可能性はぐんと下がってしまいます。
年齢を重ねると、出会いそのものが減ってしまうからです。

若い頃は、食事をしているときに声をかけられることもあるでしょうが、四十代になると、新しい出会いは減ってしまいます。
年下の男性が増えてくるので、結婚を視野に入れたお付き合いも難しくなります。
普通の生活で新たな出会いを求めるのは難しくなってくるので、婚活することが可能性を高めることになります。

婚活と言っても、結婚相談所に登録するだけでなく、婚活サイトやマッチングアプリ、婚活パーティー、街コン、お見合いなどいろいろな方法の出会いかたがあります。
自分に合った無理のない婚活が大切です。
条件に合った男性を紹介してもらえる結婚相談所が向いている人もいますし、たくさんの人と出会いたいならパーティーや街コンのような方法も利用できます。